ビジネス>>>名刺管理

すごい名刺管理 -名刺認識、名刺交換

名刺情報を自動で入力してくれるアプリ

交換した名刺はかさばり、名前順等でソートしようとしても枚数が増えると管理が大変になります。「すごい名刺管理-名刺認識、名刺交換」というアプリを使用すれば電子データで扱えるため、管理が簡単になります。名刺の電子データ化といっても自分で情報を手打ちするのは面倒なものです。こちらのアプリは名刺をカメラで撮影することで自動で入力を行ってくれます。機械的に自動で読み取ってくれるアプリは他にもあり、認識率が良いとは言えず、結局自分で入力し直すことが多いですが、こちらのアプリは違います。撮影した名刺のデータを元に人が入力をしてくれるのです。よって認識率はほぼ100パーセントです。自動認識ではなく、名刺データ入力代行アプリです。人が行うといっても早ければ待ち時間は5分ほどで入力が完了します。間違いがないのに無料です。ほかの名刺管理アプリとは全く違うアプリ「すごい名刺管理-名刺認識、名刺交換」で名刺管理は完璧です。

CamCard Business

写真を撮って名刺を管理!

アップルのApp Sotreからリリースされているビジネス活用専用アプリ「CamCard Business」は通称CC(CamCard)と呼ばれるシステムを利用して名刺の写真を撮るだけでデータベース化し名刺を管理できるという最先端のアプリです。貰った名刺をデータベースかすることによって取引相手の名前や自分の会社の同僚や上司あまり関りが無く名前を憶えていない後輩の名前を貰った名刺とこのアプリだけで思い出したりすることができます。登録、閲覧、編集、検索などの機能がついておりいちいち名刺入れから「OO社のあの人の名前はなんだっけ?」「OO社の担当のこの人に直接的に電話を掛けたいんだけど貰った名刺どこにいったかな」などといった名刺を探すことをしなくてもこのアプリが1つあればスマートフォン1つで簡単に探すことができるので貰った名刺を落としてしまってもアプリを開けてポチポチとすればすぐに見つかるのでとても便利です。

みんなの名刺

気軽に名刺を作れるアプリ

名刺を作らないといけないけど、作りに行くの面倒くさい方にとって朗報です。今の時代、スマートフォンさえあれば、無料アプリで簡単に名刺を作る事ができちゃうんですよね。スマートフォンで一体どうやって名刺を作るの?と疑問に思われるかもしれませんが、本当に簡単で、みんなの名刺をダウンロードしていただいて、その後は名刺のテンプレートを選んで、写真や文字を入力するだけで、完成図をイメージで表示出来ます。手軽にテンプレートを色々と変える事が出来ますので、自分の理想通りの名刺が作れちゃいますよ。もちろん、そのままだと名刺として役に立たないので、アプリで作った自分だけの名刺を、みんなの名刺の方に注文することで、リアル名刺を送ってもらえます。ちなみに、基本的に名刺を1セット注文する場合、他のお店で1セット内のデザインは統一という所が多いですが、こちらでは1セットのデザインを統一する必要はなく、極端な話、40枚全部違うデザインでも大丈夫です。まずは気軽にダウンロードしてみましょう。

スマート名刺管理

写真を撮るだけで名刺管理ができるアプリ

スマート名刺管理を使うと、名刺を撮るだけで簡単に名刺の管理が出来ます。撮影をするだけで文字でしっかり取り込まれて閲覧出来ます。取り込んだデータは簡単に検索が出来ます。日本語も英語もしっかり認識してデータをカードホルダーに保存して管理することが出来ます。撮影して取り込んだ名刺データから、電話やメール等が1タッチで出来るようになります。株式会社デンソーの提供するNaviConとの連携機能が追加されたことで、名刺データの住所を目的地と設定してナビゲーションしてもらえるようになりました。名刺を撮影しようと狙うだけで、最適に撮影されるオートシャッター機能があるので、自分で微調整する手間もなく楽にデータ取り込みが出来ます。使いやすいようにグループ設定編集が出来るので、すぐに検索確認しやすくなっています。編集画面で、写真や名刺にないデータも付け加えることが出来ます。ビジネスだけでなくプライベートでもとても便利な無料アプリです。

admin