おすすめアプリ紹介!

厳選されたアプリたち

たくさんのスマートフォンアプリのなかからおすすめのアプリ・人気のアプリを厳選してご紹介します。ぜひアプリ選びの参考にしてみてください!

Feedback Recorder(フィードバック・レコーダー) – 入力音声が聴こえるレコーダー ボイトレやカラオケの練習に

リアルタイムで録音内容が確認できるレコーダーアプリ

アプリ 人気 おすすめカラオケが好きな方、自分の歌をチェックしたい方にオススメなのがこのアプリ「Feedback Recorder(フィードバック・レコーダー) – 入力音声が聴こえるレコーダー ボイトレやカラオケの練習に」です。このFeedback Recorder(フィードバック・レコーダー)は、イヤフォン(ヘッドフォン)を接続することによって、リアルタイムで録音内容が確認できるレコーダーアプリです。イヤフォンにはマイクが付いてなくても大丈夫、iPhone本体がカラオケマイクのようになるので、楽しく歌うことができます。自分の声を確認しながら録音できるため、プロさながらの気分を味わうことができ、レコーディングはもちろんレッスンやボイストレーニングにも最適。歌の上達に役立つこと間違いなしです。BGMの再生も可能なので、カラオケとしても使用できます。満足のいく高音質と、音に反応する美しい画面デザインで、あなたのレコーディングをサポートします。

手書きメモ帳 Touch Notes 使いやすい無料の手書き入力メモ帳

図だって描けちゃう手書きノートアプリ

アプリ 人気 おすすめとっさに思いついたアイデアを書き留めたい。そんな時に、ノートやペンを取りだすのは大変ですよね。せっかくのアイデアを忘れてしまうかもしれません。そんな時、スマホを使う人も多いでしょう。使い慣れている人は、何の問題もなく打ち込めるかもしれませんが、キーボードで打ち込むのが苦手な場合、時間がかかってイライラしてしまいます。そんな時にお勧めするのが、手書きメモ帳TouchNotesというアプリです。このアプリは、指先で画面をなぞるように文字を入力することが出来ます。スタイラスペンも要りません。小さく書き込む必要もなく、表示された大きめの枠の中に、文字を一つずつ指で書くだけです。文字の太さは4種類から選ぶことができ、色は固定の8種類以外に48色まで作り出すことができるので、自分が見やすいように自由にレイアウトすることが出来ます。メモに手描きの図を入れることも簡単に出来ます。図の位置や文字は、後から編集することができるので安心です。文字数や保存できるメモの数に制限がないのも嬉しいアプリです。

付箋メモ帳! QuickMemo+ (ミニメモ帳/長文メモ帳/TODO/アラーム通知)

かわいくて便利な付箋メモアプリ

アプリ 人気 おすすめ付箋メモ帳! QuickMemo+ (ミニメモ帳/長文メモ帳/TODO/アラーム通知)は、思いついたときに素早くメモできる、かわいい便利アプリです。普通のメモアプリはシンプルなデザインのものが多いですが、付箋メモ帳! QuickMemo+ (ミニメモ帳/長文メモ帳/TODO/アラーム通知)は豊富なデザインから背景やふせんを選べたり、オリジナルのデザインを作ることもできるので、思い通りのカスタマイズが可能です。もちろん文字の大きさや色も自由に変更できるので、内容によって色分けしたり整理もしやすくなっています。コルクボードにメモを貼っていく感覚で使えるので、どんな内容のメモがあるかも一目瞭然です。また、アップグレードすることによって、プライバシーを守るためのパスコード設定や、写真の貼り付け、アラームの設定など更に便利になる追加機能を利用することができます。アップグレードには有料版と無料版の2種類があり、無料版は画面上部に広告が出ますが、手軽に全ての機能を試すことができます。

画面メモ

気になったサイトを保存して読もう!

アプリ 人気 おすすめiPhoneとAndroidのアプリとしてリリースされている「画面メモ」は例えば好きなサイトや気になったサイト、じっくりと読みたいニュースサイト、自分にとって重要なことが書かれているサイトをボタン一つで保存することができます。その部分のページではなくページの冒頭から最後まで保存することが出来るというとても便利なツールが搭載されています。シャッター音を鳴らさずに保存が出来るので人が大勢いて静かな場所でも使えたり保存できたりするので迷惑にならずに使うことができます。フォルダ機能を使うとサイトの管理をしやすくすることができます。キーワードで検索することもできて画面のメモをカメラロールに保存することだってできます。日本語、英語、中国語、韓国語の4ヵ国語にも対応しているのでとても便利です。Safariを使って開くことも可能です。新バージョンはホームのURLを設定することが出来ようになっています。「画面メモ」を使って上手く情報を管理しましょう。